胆管がんの症状としては黄疸が主に挙げられる

正しい治療法を理解!胆管がんと肝臓の関係性

胆管はどんな臓器?

胆管は、肝臓や胆のうと十二指腸を繋いでいる臓器です。胆管の中には、胆汁という消化液が通るようになっています。肝臓内部の胆管は肝内胆管、肝臓外部の胆管は肝外胆管と呼ばれます。

胆管がんの症状としては黄疸が主に挙げられる

ハート

胆管がんの原因

胆管がんの一番の原因は、コレステロールから作られる胆石です。食事で摂取したり、肝臓で作られるコレステロールが胆石になってがんに発達します。
また他にも、他のがんからの転移で胆管がんが出来ることもあり、特にすい臓がんからの転移が多いです。この場合、がん細胞が血管を流れて胆管に到達する場合と、がん細胞が臓器を突き破って浸潤する場合があります。

どんな症状が出るのか

胆管がんの主な症状は黄疸です。黄疸とは、がんによって胆管が狭まることで胆汁が逆流して血管に入り、血中のビリルビン濃度が濃くなり、体のあらゆるところが黄色味を帯びる症状です。目や皮膚、そして尿が黄色くなり、更に痒みも出てきます。
また胆汁が逆流して腸内に回らなくなることで、胆汁が働かなくなり、便もクリーム色になります。

胆管がんの治療法

治療する時に注意しなければならないのが、胆管がんには放射線療法や抗がん剤があまり効かないということです。なので手術でがんを切除するしか無くなるわけですが、胆管は肝臓の中にある場合もあり、切除が非常に難しいので、肝臓ごと切り取るなどの大規模な手術を要します。肝臓やすい臓などにも手を加えなければ切除できない点が、胆管がんの致死率が高いと言われている原因です。

手術療法と化学療法の利点を比較

確実に効果の出る手術

手術で胆管がんを切除するのは、切除に成功すれば確実にがんを除去できるという利点があります。その確実性は、胆管がんの唯一の治療法は手術だと言われるほどです。

命の危険のない化学療法

化学療法は、確かに副作用がありますが、治療で死ぬことがないという特徴があります。胆管がんに化学療法は効きにくいと言われていますが、死亡するリスクが減るなら試してみる価値がある方法です。

広告募集中