がん治療を早期で始めることが出来れば安心

早期発見が完治への鍵!がん治療で命を繋ぎとめる

局所療法と全身療法のメリットを比較

副作用の軽い局所療法

がん治療において副作用は仕方の無いものですが、局所療法にすればまだ症状が出るのが一部だけに限定されるので楽です。また治療自体も全身療法より早く終わるため、比較的早く社会復帰ができます。

細胞を駆逐する全身療法

一方全身療法は、体全体の細胞を殺してリフレッシュさせる治療方法です。こうすることによって、がんが転移している場合に手術よりも軽い負荷で治療でき、がんの再発の確率がかなり低下します。

がんの進行具合によって変わる治療方法

早期発見出来た初期がんは、検査時にそのまま切除すれば治療完了です。しかしがんが重くなり大きくなると、手術で切除したり放射線療法の必要が出てきます。更に重くなると、大規模な手術と薬物療法の併用で治療を試みることになります。

がん治療を早期で始めることが出来れば安心

男女

なぜがんになってしまうのか

細胞はDNAの情報を元に作成されます。しかしこのプログラムは完璧なわけではなく、ごく稀に誤ってDNAを読み込んでしまうことで異常な細胞が作られてしまいます。この異常な細胞ががんになる訳ですが、こうして出来た細胞は永遠に死ぬことがなく、何度も分裂して増えていくためどんどん重症化していき、自然に治癒されることはありません。

がん治療中に気をつけたいこと

一番がん治療で大きなダメージを与えるのは、副作用それ自体ではなく副作用のせいで精神的に病んでしまうことです。特に薬物療法の副作用は髪の毛が抜けたり吐き気がするという厳しいものですが、それを仕方ない事として受け入れるか受け入れられずに耐えるかによって精神状態は大きく変わります。まずは副作用を受け入れることに気をつけましょう。

新しいがん治療法

一般的ながん治療法は手術と薬物療法の組み合わせですが、科学の発達のおかげでがんの正確な大きさや形がわかるようになったおかげで、その部分だけを放射線によって死滅させるという治療を行うことが可能になりました。また免疫治療薬と呼ばれる、体の免疫力を底上げすることでがん細胞を殺す薬も開発されていて、これは副作用が非常に軽いです。

広告募集中