がん治療で病気を乗り越える!様々な治療法に頼れば大丈夫

誰でもかかる可能性のある病気

がんは菌やウイルスに感染して発症するのではなく、DNAを元に細胞を作る時の失敗が重なって起こります。なので予防ができず、誰でも発症してしまう病気です。

定期健診でのがん発見率

がんの発見率は高いと言われていますが、それはがん検診を行う場合の話です。定期検診は、主に生活習慣病にかかっていないかを調べるための検査を行うため、実はそれでがんが発見される確率は低いです。

医師に聞いた!血糖値を下げる方法3つ

軽い有酸素運動で糖をエネルギーに

血糖値が高い状態とは、摂取した糖分が利用されていない状態を指します。なので、ウォーキングやジョギングで糖をエネルギーに変換して消費することで、血糖値は下がります。

糖分の摂取を抑える

また元々摂る糖分を減らすのも確実な効果があります。ケーキなどのスイーツを食べ過ぎている自覚があれば、ダイエットも兼ねて糖質オフの物を食べたりスイーツを制限しましょう。

炭水化物は糖

炭水化物は、分解されるとブドウ糖になる立派な糖分です。血糖値を下げたいなら、米やパンの摂取量を抑えましょう。適切な炭水化物摂取量は一食あたり体重×10kcal程度です。

早期発見した後は積極的ながん治療に励もう

女医

がん治療方法は様々

がんになってしまった場合、治療方法は全身療法と局所療法の二種類に分けられます。最もよく知られている治療方法は、抗がん剤の使用です。全身療法である薬物療法は、全身にがんが広がっている場合やがんが進行している場合に用いられます。
一方、局所療法の代表例はがんの切除です。早期発見出来たがんは、内視鏡などで発見した時即時に切除することで別の治療は必要なくなります。また、切除しないがん治療も存在します。それは放射線療法という方法で、外部から、または注射によって内部からX線を照射することでがん細胞を死滅させる方法です。
がんが重い場合は、切除や放射線療法だけではがん細胞を排除しきれていない可能性が高く、そもそも全切除が叶わない場合もあります。その場合は、がんの再発を抑制するために薬物療法を併用して完全にがん細胞を駆逐します。がん治療といえば抗がん剤、というイメージがついているのは、抗がん剤は治療にも再発防止にも使えて汎用性が高く、よく使われるからです。

日本人に多いがんとは

様々な部位に出来るがんの中で、日本人の死因第一位を占めているのは肺がんです。また一番死亡率の高いがんは胆管がんです。
しかし死亡率や死者が多いと患者が多いというわけではなく、胆管がんはかなり珍しい病気と認識されています。日本人で一番患者数の多いがんは胃がんで、肺がん患者の二倍近くの患者がいると言われています。また女性の場合は、乳がんの患者が最も多いです。これらの患者数が他のがんに比べて多い理由は、海外では患者数の多い大腸がんにかかる人が少ない事が挙げられます。

初めての不安を解消!乳がん検診Q&A

放射線と超音波、どっちの検診を受けた方がいいの?

乳がん検診には、放射線を使うマンモグラフィという方法と、超音波を使う方法があります。放射線は胎児に影響を及ぼす可能性があるので、妊婦の方はマンモグラフィを受けられません。しかしマンモグラフィはとても小さいがんも発見できるので、早期発見に役立ちます。一方超音波検診は、危険性が全くないので妊婦や若い女性に勧められる検診です。

乳がん検診は痛いの?

確かにマンモグラフィでは、放射線の量を減らし、くっきりと写真を撮るために乳房を圧迫しなければなりません。これには個人差があり、あまり痛くないという人も痛いという人もいます。
しかし超音波検診は、乳房を圧迫する必要がないので全く痛みがありません。なのでマンモグラフィが苦手な方も、超音波検診を受ければ問題ありません。

[PR]胆管がんを食い止めよう
健康的な暮らしを取り戻す!

[PR]乳がん検診は専門医院で受けよう
最新機器を使った検査を行なってくれる

[PR]がん治療は専門医院で受けよう
病気の悩みを撃退☆

[PR]血糖値を下げる方法を詳しく紹介!
糖尿病を回避しよう

広告募集中